AjaxZip3の使い方 AjaxZip3

AjaxZip3の使用方法をご紹介しています。
AjaxZip2の後継で、prototype.jsやjQuery、郵便番号データが不要になり使いやすくなった郵便番号から住所を自動入力が可能なJavaScriptライブラリです。

公式サイト

  • ※ Google Code閉鎖、GitHubへの移行に従い、公式サイトへのリンク及びJavaScriptファイルのパスを変更いたしました。

サンプル

郵便番号のエリアを2つにした場合のサンプルです。

郵便番号 -
住所

読み込み

以下のタグを<head>内に記載します。

HTML

HTML設定

郵便番号のinput要素にonKeyUpを記載します。
基本的な設定は、onKeyUp="AjaxZip3.zip2addr(郵便番号(全てまたは上3桁),郵便番号(下4桁),都道府県,市区町村,丁目番地,町域大字);となり、それぞれname属性を記載します。
(都道府県がプルダウンメニュー場合でも可能です。)

郵便番号・住所が1エリアの場合(ハイフンの有無どちらも機能します。)

HTML

郵便番号
住所

郵便番号が2エリア、住所が1エリアの場合

郵便番号 -
住所

郵便番号が2エリア、住所が2エリアの場合

郵便番号 -
都道府県
市区町村番地など

郵便番号が2エリア、住所が2エリアの場合(プルダウンメニュー)
※ 都道府県のプルダウンは都道府県名または都道府県番号(都道府県コード)対応しています。

郵便番号 -
都道府県
市区町村番地など

都道府県のプルダウンが都道府県番号(都道府県コード)の場合:

郵便番号 -
都道府県
市区町村番地など