変数とは

変数とは、1つのデータ(値)を格納する入れ物です。

入れ物には名前を付けることができ、名前には半角アルファベット(大文字・小文字)、半角数字、半角アンダースコア、半角ダラーを使用することができますが、半角数字から始めることはできません。

変数の宣言

変数は予め準備として宣言ということを行います。
宣言する方法はvarキーワードまたはletキーワードまたはconstキーワードを使用します。
(var、let、constキーワードの違いについては、宣言の種類を参照してください。)

イコール(=)を使用することで値を代入することができます。
値を代入しない場合は"未定義値"であるundefinedという値が自動的に格納されます。

カンマ(,)を使用して複数の変数をまとめて宣言することもできます。

宣言の種類

変数の宣言はvarキーワード、letキーワード、constキーワードの3種類があります。
それぞれの宣言には次のような違いがあります。

キーワード 説明
var 宣言した後でも変更が可能で、関数スコープです。
let 基本的にはvarと同じですが、スコープの範囲はブロックスコープです。
ECMAScript 2015 (ES6)から追加された仕様です。
const いわゆる定数で、一度宣言を行うと値の変更を行うことはできません。
ECMAScript 2015 (ES6)から追加された仕様です。
  • ※ スコープについては、スコープページを参照してください。
  • ※ ECMAScriptについては、ECMAScriptとはページを参照してください。
  • ※ letおよびconstは対応ブラウザに注意してください。

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る