現在の日時を取得(ローカル時間)

現在の日時を取得するには、Dateオブジェクトを使用します。
引数に日時を指定することで、指定した日時のインスタンスを返します。

【サンプル】

 

構文

第一引数 value ミリ秒のタイムスタンプ
第二引数 date string 「January 1, 1970 00:00:00」といったような日付を表す書式
第三引数 year 4桁の年
第四引数 month 月(0~11の整数値)
第五引数 day 日(1~31の整数値)
第六引数 hour 時(0~59の整数値)
第七引数 minute 分(0~59の整数値)
第八引数 second 秒(0~59の整数値)
第九引数 millisecond ミリ秒(0~999の整数値)
戻り値 dateInstance Dateインスタンス

各種情報の取得メソッドと設定メソッド

Dateオブジェクト(クラス)には日付や時間などを取得可能なメソッドが用意されています。

取得するためのメソッド

メソッド名 説明
getFullYear 4桁の年
getYear 2桁の年
getMonth 1桁~2桁の月(0~11)
getDate 1桁~2桁の日(1~31)
getHoures 1桁~2桁の時(0~23)
getMinutes 1桁~2桁の分(0~59)
getSeconds 1桁~2桁の秒(0~59)
getMilliseconds 1桁~3桁のミリ秒
getDay 1桁~2桁の曜日(0~6)
getTime 1970年1月1日0時0分0秒かを起点とした経過日時をミリ秒で表した時間
toGMTString グリニッジ標準時間(GMT)の文字列
toUTCString 世界協定時間(UTC)の文字列

また、それぞれの日付や時間を設定するためのメソッドも用意されています。

設定するためのメソッド

メソッド名 説明
setFullYear 4桁の年
setYear 2桁の年
setMonth 1桁~2桁の月(0~11)
setDate 1桁~2桁の日(1~31)
setHoures 1桁~2桁の時(0~23)
setMinutes 1桁~2桁の分(0~59)
setSeconds 1桁~2桁の秒(0~59)
setMilliseconds 1桁~3桁のミリ秒
setDay 1桁~2桁の曜日(0~6)
setTime 1970年1月1日0時0分0秒かを起点とした経過日時をミリ秒で表した時間

月は0が1月、11が12月として返し、曜日は0が日曜日、6が土曜日として数値で返します。

応用コード

【JavaScript】

【HTML】

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る