自身の要素の次に要素を追加

自身の要素の次に要素を追加するには、以下のような方法で実装します。

JavaScript

parentNodeプロパティで自身の親要素を取得し、insertBeforeメソッドを使用し第一引数に追加する要素、第二引数でnextElementSiblingを使用し自身の次の要素を指定することで再現します。

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る