指定要素から子孫要素を含む要素をHTMLの文字列として取得・設定(置き換え)

指定要素から子孫要素を含む要素をHTMLの文字列として取得・設定(置き換え)を行うには、element.outerHTMLプロパティを使用します。

構文

設定値 setContent 設定する要素

戻り値

指定要素のHTMLを文字列として返します。

サンプルコード

JavaScript

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る