文字列のエスケープ・エンコード処理

文字列のエスケープ・エンコード処理を行うには、escape関数、encodeURI関数、encodeURIComponent関数のいずれかを使用します。
これらはエスケープしない文字列とエスケープシーケンスに違いがありますが、escape関数は非推奨とされているため、encodeURI関数かencodeURIComponent関数を使用します。

構文

引数 str エスケープ・エンコードする文字列
戻り値 escStr1 16進数のエスケープシーケンスでエンコーディングされた文字列
戻り値 escStr2 UTF-8エンコーディングされた文字列
戻り値 escStr3 UTF-8エンコーディングされた文字列

エスケープしない文字列の一覧

関数名 エスケープしない文字列
escape 英字、数字、-、_、.
encodeURI 英字、数字、-、_、.、!、~、*、'、(、)、;、,、/、?、:、@、&、=、+、$、#
encodeURIComponent 英字、数字、-、_、.、!、~、*、'、(、)

サンプルコード

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る