関数の作成(定義)と実行

関数の作成(定義)と実行

関数を作成(定義)するには、Functionオブジェクトまたは、function文を使用します。
さらにfunction文を使用した関数式(関数リテラル)と、ECMA Script6で追加されたアロー関数式を使用した定義も行うことができます。

構文

引数 argumentN 関数の処理statementsに渡す引数の名前
最終引数 functionStatements 実行する処理
戻り値 func 生成された関数
引数 paramN 関数の処理statementsに渡す引数の名前
関数名 name 関数に付ける名前
付けなくてもよい
処理 statements 実行する処理

サンプルコード

作成(定義)した関数の実行

作成(定義)した関数を実行を行うには、以下のように関数()とすることで実行できます。
丸括弧内には関数に渡したい値を指定します。

なお、引数の有無のチェックを行わないと、エラーとなる場合があるので注意する必要があります。

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る