ハッシュ(連想配列)を区切り文字を指定して連結し文字列に変換

ハッシュ(連想配列)を区切り文字を指定して連結し文字列に変換するには、以下の方法で可能です。
この実装は、Array.joinのハッシュ版を想定した実装方法です。

関数定義

使い方

第一引数(必須)にハッシュ、第二引数(任意)にキーと値を連結する(区切る)文字列、第三引数(任意)にキーと値のセットをそれぞれ連結する(区切る)文字列を指定します。
戻り値はハッシュのすべてが連結された文字列を返します。

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る