閲覧したページを指定して移動

閲覧したページを指定して移動するには、history.goメソッドを私用します。

構文

引数 page number 閲覧したページの履歴番号
対象ウィンドウ windowName 履歴を追う対象のウィンドウ
(指定がない場合はwindowを指定するのと同じ)

サンプルコード

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る