イベントの削除

イベントを削除するには、element.removeEventListenerメソッド(IE8以下の場合はelement.detachEventメソッド)を使用します。

構文

第一引数 type 削除するイベント名
第二引数 listener 削除する機能(関数)
第三引数 use capture ユーザがキャプチャを開始したいことを示す
  • ※ 第二引数で指定する関数は、addEventListener(IEではattachEvent)メソッドで指定した関数と同じものを指定する必要があります。

なおdetachEventの場合、thisは自分自身ではなくwindowオブジェクトになります。
自分自身を得るには、引数のオブジェクトにあるsrcElementで取得します。

共通関数としての定義

分岐処理をした関数を用意することで、removeEventListenerとdetachEventの両方を別で書かずにすむようになります。

関数定義

使い方

第一引数にエレメント(ノード)、第二引数にイベント名、第三引数にfunctionを指定します。

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る