指定時間経過後に処理を実行

指定時間経過後に処理を実行させたい場合は、setTimeout関数を使用します。
setTimeoutの処理を停止(中断)する場合は、clearInterval関数を使用します。
setTimeoutは1回のみ実行されます。

なお、再帰的にsetTimeoutを使用している場合、指定している関数の処理が完了するまでタイマーは開始されません。

構文

第一引数 callback 第二引数で指定した秒数に達した時に処理する関数
第二引数 milliseconds 処理間隔(ミリ秒)
戻り値 intervalId セットされたインターバルID
第一引数 intervalId 停止(中断)するインターバルID

第二引数の指定時間(現在の時刻 + 第二引数の秒数)でキューに入れ、指定時間到達後に第一引数で指定した関数を実行します。
到達後、指定関数の処理に関係なく(clearIntervalでリセットされることを除く)、即時に第二引数の指定時間でキューに入れるといった感じで更新と処理が繰り返されます。
実行中のキューや待機中のキューが存在する場合は、指定した時間に到達しても他のキューが終了するまでは処理されず待機のキューとして追加され、順番待ちの状態となります。

デモ

サンプルでは、5秒後にテキストを表示しています。

サンプルコード

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る