イベントを作成

文字列のアンエスケープ・デコード処理を行うには、unescape関数、decodeURI関数、decodeURIComponent関数のいずれかを使用します。
これらはエスケープしない文字列とエスケープシーケンスに違いがありますが、unescape関数は非推奨とされているため、decodeURI関数かdecodeURIComponent関数を使用します。

escape関数で処理された文字はunescape関数、
encodeURI関数で処理された文字はdecodeURI関数、
encodeURIComponent関数で処理された文字はdecodeURIComponent関数
でそれぞれにあった処理をする必要があります。

構文

引数 escStr1 16進数のエスケープシーケンスでエンコーディングされた文字列
引数 escStr2 UTF-8エンコーディングされた文字列
引数 escStr3 UTF-8エンコーディングされた文字列
戻り値 str デコードされた文字列

サンプルコード

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る