1つ後に閲覧したページへ進む

1つ後に閲覧したページへ進むには、history.forwardメソッドを私用します。

構文

対象ウィンドウ windowName 履歴を追う対象のウィンドウ
(指定がない場合はwindowを指定するのと同じ)

サンプルコード

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る