input要素の選択範囲を設定

input要素の選択範囲を設定するには、element.setSelectionRangeメソッドを使用します。

  • ※ IE8以下は対応していません。

構文

inputElement.setSelectionRange(start, end[, direction]);

引数

引数名 初期値 説明
第一引数
必須
start number 選択を開始する位置(キャレットのインデックス番号)
第二引数
必須
end number 選択終了位置(キャレットのインデックス番号)
第三引数 direction string 'none' 選択する方向を示す
設定可能値:
'forward' ... 前方
'backward' ... 後方
'none' ... 方向なし

文字列のインデックス番号:

Aの直前が0、AとBの間が1と続く

サンプルコード

JavaScript

var inputElem = document.getElementsByTagName('input')[0],
    btnElem   = document.getElementsByTagName('button')[0];

btnElem.addEventListener('click', function() {
	inputElem.focus();
	inputElem.setSelectionRange(2, 5);
});

デモ

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る