文字列を数値に変換

文字列を数値に変換する場合は、parseInt関数またはNumber関数を使用します。

parseInt関数は最後に単位などの文字列が入っていた場合は削除しますが、Number関数は数字しか扱うことができず失敗します。

構文

var number = parseInt(string[, radix]);

または

var number = Number(string);
  • ※ Number関数では、new演算子を使用した場合、数値ではなくオブジェクトとして返します。
引数名 説明
第一引数
必須
string string 数値に変換する文字列
第二引数 radix number 基数(2から36までの整数)

戻り値

変換された数値、失敗した場合はNaNを返します。

サンプルコード

JavaScript

var num1 = '1234',
    num2 = '1234px';

// 数字のみ
var result1 = parseInt(num1); // 1234
var result2 = Number(num1);   // 1234

// 単位あり
var result3 = parseInt(num2); // 1234
var result4 = Number(num2);   // NaN

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る