例外による分岐処理

例外による分岐処理を行うには、try catch文を使用します。
例外は、簡単にいうJavaScriptの構文エラーのことで、通常はこのエラーが発生するとブラウザ側で強制的に実行を停止します。

構文

引数 e nameプロパティとmessageプロパティを持つオブジェクト
  name = エラーの型を表す文字列
  message = エラーメッセージの文字列
tryブロック内でthrowを発生させた場合はthrowで投げた内容が格納される

また、try catch文の処理が終わった後に処理を実行させるには、finally文を使用します。

構文

JavaScript

サンプルコード

JavaScript

JavaScript逆引きリファレンス一覧へ戻る