条件分岐

条件に応じて分岐するには、@IF文を使用します。

構文:@IF

<@IF:~>で開始し、<@ENDIF>で終了します。

条件式は変数を用いて評価される式を書きます。
変数のみの場合は空かどうか、モディファイアを使用する場合はモディファイアで判定されます。
モディファイアについてはモディファイアとはをご覧ください。

出力内容は条件式が真の場合に出力する内容を書きます。

サンプルコード

@IF文の評価が偽の場合に出力するには、@ELSE文を使用します。

構文:@ELSE

サンプルコード

CMS「MODX Evolution」逆引きリファレンス一覧へ戻る