開発(PHP):特定の複数のリソースの情報を取得

特定の複数のリソースの情報を取得するには、$modx->getDocumentsメソッドを使用します。
テンプレート変数は含まれませんのでご注意ください。

構文

引数名 初期値 説明
第一引数
必須
リソースID array array() 取得するリソースのリソースID。
array(3, 11)のように指定。
第二引数 公開状態 integer 1 取得するリソースが公開か非公開のどちらかの場合のみ取得する。
指定可能な値は次の通り。
0 ... 非公開
1 ... 公開
第三引数 削除状態 integer 0 取得するリソースが削除済みかそうでないかの場合のみ取得する。
指定可能な値は次の通り。
0 ... 削除されていないリソース
1 ... 削除済みのリソース
第四引数 取得するリソース情報 string * 取得するリソースの情報(変数)。
指定しない場合はすべてのリソース変数を取得する。
カンマ区切りで複数の情報を取得できる。
第五引数 条件 string   リソース変数を対象にさらに条件を絞り込むことが可能。
例えばコンテナのみを取得したい場合は'isfolder=1'のように指定する。
カンマ区切りで複数条件を指定することが可能。
第六引数 並び替える基準 string 'menuindex' 戻り値の配列の順序を変更することが可能で、基準となるリソース変数を指定する。
カンマ区切りで複数指定することが可能。
第七引数 順序 string 'ASC' 第六引数'並び替える基準'で指定したリソース変数を基準に順序方向を指定する。
指定可能な値は次の通り。
ASC ... 昇順
DESC ... 降順
第六引数'並び替える基準'に合わせてカンマ区切りで複数指定することが可能。
第八引数 件数 integer   検出したリソースの件数を制限する。
指定しない場合は制限はなし。

戻り値

見つかった場合は2次元配列で返し、見つからなかったら0件の配列を返します。

サンプルコード

結果

Array
(
    [0] => Array
        (
            [id] => 3
            [pagetitle] => foo
        )
    [1] => Array
        (
            [id] => 7
            [pagetitle] => bar
        )
    [2] => Array
        (
            [id] => 13
            [pagetitle] => baz
        )
)

CMS「MODX Evolution」逆引きリファレンス一覧へ戻る