スニペット"eForm":メール送信後のイベント

メール送信後に任意の処理を行いたい場合は、&eFormOnMailSentパラメーターを使用します。
メール送信後(&thankyouパラメーターによる完了後の表示前)にイベントとして発火し、イベントハンドラーとして指定した関数が実行されます。

構文

関数はいくつか用意する方法がありますが、スニペットが最も分かりやすい方法かと思います。

スニペット:eFormFunctions

スニペット名、関数名はなんでもかまいません。
関数の第一引数は各フィールドのオブジェクトが渡ってきます。
スニペットのreturnは何も出力しないよう空の文字列を返すようにします。
なお、1つのスニペットで複数の関数を定義することも可能です。

次のように用意したスニペットを実行して、&eFormOnMailSentパラメーターの値に実行したい関数名を指定します。

例:

CMS「MODX Evolution」逆引きリファレンス一覧へ戻る