条件に一致・不一致

変数の値が条件に一致・不一致の判定を行うには、isまたはisnotモディファイアを使用します。

構文

一致

不一致

変数の値が条件に一致した後に何をするかは別に指定する必要があります。
is/isnotモディファイアにモディファイアを続けて書きます。
最終的に一致しなかった場合は何も返さず出力されません。

サンプルコード

次の例ではリソースIDが2の場合はshowモディファイアを実行します。

処理前

Hello World

処理後

Hello World

CMS「MODX Evolution」逆引きリファレンス一覧へ戻る