スニペット"WebLogin":ログインフォームをオリジナルで用意

ログインフォームをオリジナルで用意するには、&tplパラメーターを使用します。

構文

フォームのHTMLはログイン用フォーム、ログアウト用リンク、パスワードを忘れた場合の新パスワードの要求フォームの3つがあります。
<!--tpl_separator-->で区切って用意します。

サンプルコード

チャンク:login-form

使用

[+action+]プレスホルダーは実行先を自動的に割り当ててくれます。

webLoginShowForm関数は、対象の領域へ切り替えるものです。
form要素で指定してあるname属性が必須となっています。

なお、利用するフィールドは次の通りです。

ログインフォーム:

name属性 type属性 初期値 説明
cmdweblogin
必須
hidden   実行するためのフィールド
値は指定しなくてよい
username
必須
text   ユーザー名を入力するフィールド
password
必須
password   パスワードを入力するフィールド
rememberme hidden
または
checkbox
0 ログイン状態を記録するかどうかのフィールド
設定可能な(value属性)値は次の通り
0 ... 記録しない
1 ... 記録する

パスワードを忘れた場合の新パスワードの要求フォーム:

name属性 type属性 初期値 説明
cmdweblogin
必須
hidden   実行するためのフィールド
値は指定しなくてよい
txtpwdrem hidden 0 既存のパスワードを入力したメールアドレスへリマインドするかどうかのフィールド
設定可能な(value属性)値は次の通り
0 ... リマインドしない(つまり新しいパスワードを設定)
1 ... リマインドする
txtwebemail
必須
text
または
email
  メールアドレスを入力するフィールド

CMS「MODX Evolution」逆引きリファレンス一覧へ戻る