プラグイン"Contact Form"で簡易フォームを実装

プラグイン"Contact Form"で簡易フォームを実装する方法をご紹介します。

Contact Formは専用の画面でフォームを作り固定ページなどの任意の位置に独自のコードを埋め込むことで、その箇所にフォームを実装することのできるプラグインです。

プラグインのインストール

管理画面のメニューにある"プラグイン"を押し、プラグイン画面から"新規追加"ボタンを押します。

右上にあるキーワード検索の入力欄に"Contact Form"を入力すると、自動的に検索が行われ下の一覧が切り替わり、"Contact Form 7"と表示されたら"今すぐインストール"ボタンを押します。

なお、WordPressのバージョンによっては互換性がなくインストールできない場合があります。
その場合は 互換性のない場合のインストール方法をご覧ください。

インストールが完了したら"有効化"ボタンを押します。
これでインストールは完了です。

互換性のない場合のインストール方法

プラグインの最新版がインストール中のWordPressのバージョンと互換性がない場合はインストールできません。
次の手順でインストールすることができます。

公式サイトのPluginページから"Contact Form"ページへ移動します。

最下部にある"Previous Versions"から、互換性のあるバージョンをドロップダウンから選択肢、"Download"ボタンを押してダウンロードします。

WordPressの管理画面のプラグインの追加画面へ移動したら、"プラグインのアップロード"ボタンを押し、ダウンロードしたファイルを選択します。

"今すぐインストール"ボタンを押します。

インストールが完了したら"プラグインを有効化"ボタンを押します。
これでインストールは完了です。

フォームの作成

メニューから"お問い合わせ"を押して、"新規追加"ボタンを押します。

"ここにタイトルを入力"と書かれている入力欄にフォームのタイトルを入力します。

"フォーム"タブを開き、入力欄にフォームのHTMLを構築します。

各フィールドを追加したい場合は、"テキスト"など追加したいフィールドのボタンを押すことで、モーダルウィンドウが表示されます。

各フィールドのオプションを指定し、"タグを挿入"を押すと、モーダルウィンドウが閉じて入力欄に専用のタグが挿入されます。
タグについては、"Contact Form"のフィールドとタグをご覧ください。

"メール"タブを開き、管理者宛のメールの設定を行います。
設定については、"Contact Form"のメール設定をご覧ください。

"メール"タブの下に"メール (2)"がありますが、これにチェックを入れるとお問い合わせしたユーザーに対して自動的に返信メールを送るための設定を行います。
設定については、"Contact Form"のメール設定をご覧ください。

"メッセージ"タブを開き、各メッセージを編集します。
初期状態で問題なければそのままで問題ありません。

"保存"ボタンを押します。
これでフォームの作成は完了です。
次はフォームを設置を行います。
フォームの設置

フォームの設置

"お問い合わせ"画面のフォーム一覧にある作成したフォームのショートコードを押すると(またはフォーカスすると)ショートコードが選択状態になりますので、Ctrl + Cなどを押してコピーします。

設置したいページの編集画面を開き、ブロックの追加ボタンからウィジェットの"ショートコード"を押します。

ショートコードブロックの入力欄に先ほどコピーしたフォームのショートコードをCtrl + Vなどで貼り付けます。

"更新"ボタンを押し保存します。
設置したページへアクセスするとフォームが無事表示されます。
これでフォームが動作するようになります。

CMS「WordPress」逆引きリファレンス一覧へ戻る